ケノン 光エステ 比較

 

ケノンと光エステのどっちがいいの?

家庭用脱毛はいろいろなメーカーが製品を販売していますが、その機能には大きな違いがあります。

 

最近爆発的に売れている「ケノン」と日本を代表するパナソニックが製造している「光エステ」を比較すると、
両者のターゲットが全く違うことがよくわかるはずです。

 

 

家庭用脱毛器の多くは、強い光で毛根にダメージを与えるフラッシュ脱毛です。
この2機種もフラッシュ脱毛ですが、最近大宣伝をしている大手脱毛サロンも
このフラッシュ脱毛の方法で脱毛をしていますから、大手脱毛サロンと同様の結果を期待できます。

 

両者の最大の違いは、初期投資と追加消耗品の価格です。

 

家庭用脱毛器は、最初に器具を買えば永遠に脱毛ができるというものではなく、
光を発するカートリッジ部分の買い換えが必要です。

 

以下にケノンと光エステを比較した表を提示します。

  ケノン 光エステ
脱毛方式 フラッシュ フラッシュ
本体サイズ 28.5cm×21.5cm×9cm 16cm×16cm×9.4cm
重量 1.6キロ 890グラム
照射面積 9.25平方センチ 5.25平方センチ
脱毛可能部位 全身脱毛が可能 腕・脇・足
出力レベル 10段階で調整可能 調整不可
価格 73,800円 15,000円
カートリッジ代金 10,480円 5,000円
カートリッジ寿命 最大50,000回 13,000回
1ショット単価 0.21円 0.38円
連射機能 1回・3回・6回 なし
美顔機能 カートリッジ交換で可能 なし
製造国 日本(長野県) 日本(長野県)

 

ケノンの価格は、キャンペーンの有無でかなり差がありますが、カーリッジがついて7万5千円前後です。
これに対し、光エステは1万5千円程度です。

 

ずいぶん差がありますが、販売会社が限定されているケノンは価格が大体一定ですが、
家電量販店で販売されている光エステは、通販サイトによって価格に大差があります。

 

カードリッジ価格はケノンが1万円前後で、光エステが5千円前後です。

カートリッジの寿命は、ケノンは5万回、光エステは1万5千回です。

 

ケノンにはカートリッジの種類がいくつかありますが、1回当たりの金額はケノンの方が安いです。

 

ただしケノンで気を付ける必要があるのは、出力調整ができるため、
高出力で利用すると利用可能回数は減るという点です。
ちなみに5万回というのは最低出力で使った際の数値です。

 

効率的に脱毛ができるのはケノンです。
一番大きなサイズのカートリッジを使えば、光エステの1.7倍の面積を一度に脱毛できます。

 

範囲が広ければ利用回数も減るのでカートリッジの寿命も延びます。
大きなカードリッジは値段も高いのですが、
効率よく脱毛できるという点を考えれば、大きいサイズが便利でしょう。

 

脱毛可能部位は、両方ともフラッシュ脱毛ですから全身脱毛が可能なはずです。

 

サングラスを付属しているケノンは全身脱毛可能と表示していますが、
サングラスを付属していない光エステは、腕と脇と足に限定しています。

 

パナソニックは後日のトラブルに備えた結果だと思われますが、
ケノンを利用する際も顔のうぶ毛の脱毛をする際は十分注意が必要です。

 

フラッシュ脱毛は、なかなか一発で永久脱毛とはいきません。

 

これは脱毛サロンでも同じですが、ある程度腰を据えて脱毛に取り組むのであれば、
一回当たりの単価が安いケノンをお勧めします。

 

▼ケノン公式HPはこちら▼

ケノンのここが凄い!

ケノンは、楽天脱毛器ランキングでなんと連続124週第一位。
脱毛器は色々ありますが、繊細な日本人のお肌には、日本製のケノンがやっぱり安心です。

 

 

低コスト

ケノンのすごいこと、その1は、何と言っても業界トップレベルの低コスト。
エステに行くより、ずっとお安く脱毛できてしまいます。

 

これは、高速チャージと、業界最大級照射面積のWコラボによってなせるワザ。

 

脱毛スピード

その2は、脱毛スピードの速さ。
片脇わずか30秒。
忙しいあなたにぴったりです。

 

業界最高レベル出力

その3は、業界最高レベル出力。
だからパワーがあるのです。

 

連射モード

その4は、家庭用脱毛器で初めての連射モード設定機能搭載。
1連射、3連射、そしてなんと6連射までお肌にあわせて自由に切り替えられます。

 

超極短時間発光

その5は、超極短時間発光。
これによって、強力なのに優しい脱毛を実現。

 

特殊フィルター

その6は、特殊フィルター。
紫外線などの有害な光をこれでカット。
日本人の肌質に合った光に変身します。

 

特殊キセノンランプ

その7は、日本が誇る、一般的な脱毛には使われない特殊キセノンランプ使用。
これは海外製品には真似できないでしょう。

 

こんなたくさんの秘密があるので、ケノンは皆に愛されています。
長年、どこよりも研究しつくしたケノンなら、安全に、低価格で、素早く脱毛をできます。

ケノンの8つの安心宣言

低コスト、高スピードの脱毛が手軽に実現できる、フラッシュ脱毛器「ケノン」。

 

その高性能さに加え、初めて脱毛器を購入する方でも安心してお求め頂き、
理想のお肌の実現のために、ケノンは8つの安心宣言をしています。

 

ケノンの8つの安心宣言

 

安心宣言その1

楽天脱毛器ランキング連続ナンバー1の実績。
レビュー数はなんと1万件を越えています。

 

安心宣言その2

プロがお答えするフリーダイヤルの電話無料相談を設置。

 

安心宣言その3

現役医師も推薦。

 

安心宣言その4

敏感な日本人のお肌に優しい低刺激。

 

安心宣言その5

初回支払い額0円の便利なローン払いをご用意。
毎月3300円からお支払い頂けます。

 

安心宣言その6

予約不要、24時間自宅で好きな時間に好きなだけ使える。

 

安心宣言その7

安心の日本製で無償修理対応1年保証。

 

安心宣言その8

通販でも安心の初期不良無料交換。

 

この8つの安心宣言のもと、ケノンは安心して皆様にご利用頂けるよう、
照射試験を何度も行い、その安全性をテストしています。

 

脱毛器はお客様のお肌に触れるものです。
そのためより安全に使えるよう、お客様満足度100%を目指して日々商品の改善に努めています。
より早く、より安く、より安全に、ケノンは日々進化し続けています。

ケノンが売れていいる理由

ケノンは、フラッシュ脱毛という強い光で脱毛をする方法を取っています。
この方法は電車の中吊り広告で大宣伝をしている脱毛サロンと同じ方式です。

 

予約の難しい脱毛サロンに通うことを考えると、
ケノンの方がはるかに効率的な脱毛ができます。

 

脱毛サロンは医療機関ではないので、
強力な器械を使うことはできないこともあり、
その効果はケノンと変わりません。


 

ケノンの最大の特徴は、カートリッジが大きいため一度に脱毛処理できる範囲が大きいことでしょう。
家庭用脱毛器の欠点は手間がかかるという点ですが、これを大きく改善して効率的な脱毛ができます。

 

また、出力レベルを10段階に調整できることも特徴です。
光を当てる際、肌の弱い人は肌荒れを引き起こすことがあります。
自分の肌が弱いとわかっている人は、最弱レベルからスタートすることをお勧めします。

 

ケノン本体やカートリッジの値段は、他の家庭用脱毛器に比べると高いように見えます。
しかし、ケノンのカートリッジは耐久性が高いので、使えば使うほど他の脱毛器との差が縮まります。

 

家庭用脱毛器も脱毛サロンも1回照射しただけでは脱毛はできません。
何度も照射を繰り返してムダ毛が段々と細くなるのです。
そのため、カートリッジの耐久性は非常に大切です。

 

ケノンを買う際は、カートリッジ付きのセットを買うことをお勧めします。
全身脱毛をすると利用回数が増えるので、カートリッジを消耗します。
いちいちなくなってから買い求めるのは煩わしいですし、まとめ買いの方が経済的です。

光エステが売れている理由

光エステ

光エステは、フラッシュ脱毛という強い光で脱毛をします。
家庭用脱毛器ですから、わざわざ予約が取りにくい脱毛サロンに通う必要はありませんし、
値段もはるかに安いです。

 

そして、一番の特徴は大メーカーであるパナソニックが作っているという事です。
パナソニックは昔から美容系の電気製品を作っており、歴史があります。

 

最近大手量販店に行くと光エステをよく見ますが、評判がいいので展示されているのです。
効果がどうなのかと不安を持っている人も多いようですが、
この事実だけで後の説明はいらないでしょう。

 

手頃な価格

値段も手ごろで買いやすいのですが、売っているお店が多いため、
通販サイト等で価格を比較して一番安い価格で買うこともできます。

 

カートリッジが安い

光エステは、光を出す部分が交換式になっています。
一定回数使うとカートリッジを交換する必要がありますが、この交換部品が他の家庭用脱毛器より安いです

 

光エステは、光を当てて脱毛する方法ですが、一度だけの処理で脱毛はできません。
脱毛サロンでも同じですが、何度も繰り返して光を当てる必要があります。
段々とムダ毛が細くなり、そのうち目立たなくなります。

何度も繰り返して使うことを考えると、消耗品の値段が安いという事は大きな魅力です。

 

便利なトリマーつき!

光エステにはトリマーが付いています。
光エステの光は、黒いものに反応するため、ムダ毛をある程度除去する必要があります。
トリマーが付いている光エステであれば事前処理の手間が省けて便利です。

転ばぬ先の杖〜家庭用脱毛器で火傷してしまった場合は?

家庭用脱毛器を使っていて、火傷をしてしまったという経験をしたことがある人は多々いると思います。

 

肌に合わなかったから、使い方を間違えてしまった、出力を強めにしすぎてしまったなど…
考えられる原因は様々あります。

 

さらに熱線をつかった脱毛器などの場合は、使い続けることで肌に影響を及ぼしかねません。
なので、使う頻度などにも十分注意していかなくてはなりません。
では、もし家庭用脱毛器を使っていて火傷をしてしまった場合はどのように対処すれば良いのでしょうか?


火傷をしてしまったら、まずは冷やすことが大事です。
これは普通の火傷でも同じ事ですが、脱毛器での火傷でも例外ではありません。

 

手足などの場合は流水でひたすら冷やしていくこと。

 

そして、顔など流水では対処できない場合はビニール袋に氷を入れてタオルでくるんで
火傷の部分に当てて冷やしていきます。

 

氷の場合は直接肌に当ててしまうと凍傷の危険性もあるので、必ずタオルを使用します。


 

確かに家庭用脱毛器は費用もかからずにお手軽に脱毛できる大変便利な物です。
しかし使い方1つで火傷につながる危険性もあります。

 

説明書をしっかり読み、処理後のアフターケアをしっかり行うことで火傷や肌へのダメージを防ぐことができます。
面倒だなと思うかもしれませんが、こういった点をしっかりすることが綺麗に脱毛するための近道となります。


家庭用脱毛器の選び方

最近は電車に乗ると季節を問わず脱毛サロンが大宣伝をしています。
しかし、その多くはフラッシュ脱毛という方法による脱毛なので、何度もサロンに通うことになります。

 

家庭用脱毛器

 

家庭用脱毛器の多くも脱毛サロン同様のフラッシュ脱毛の方法を利用しており、
あえて脱毛サロンに通う必要は少なくなっています。

 

消耗品の価格を考える!

家庭用脱毛器を購入する際は、消耗品の価格も考えて選ぶ必要があります。

 

フラッシュ脱毛を採用しているため、発光部分には寿命があるため買い換えの必要があるのです。
最初に買う器具は安くても、消耗品を頻繁に買う必要があればかえって高くつきます。

 

複雑なパズルを解いているような気分になりますが、
消耗品の価格と使用可能回数から1回当たりのカートリッジの金額を計算して比較すれば良いでしょう。

 

最近の家庭用脱毛器は、脱毛サロンで使用している器械と比較しても、その性能は劣っていません。
ただ、脱毛サロンはプロのエスティシャンが肌の調子に合わせて施術してくれるのに対し、
家庭用脱毛器はすべて自分で考えていく必要があります。

 

機種によっては出力調整ができるものもありますので、臨機応変に変えていくことも必要です。

 

女の子

家庭用脱毛器は、その値段がまちまちです。
値段が高いから機能が優れているとも限りませんが、値段が高いものはそれなりの機能がついています。

 

カートリッジも値段に差がありますが、一回に光を当てることができる面積が大きなカートリッジは
値段が高いものの、効率よく脱毛の処理をすることができます。